ファイル拡張子ライブラリ


.APEファイル拡張子。

  • 開発者: Nullsoft
  • カテゴリー: Plugin Files

APEファイルとは何ですか?

APEはAVSプラグインエフェクトファイルです。

WinampのAdvanced Visualization Studio(AVS)プラグインによって参照されるコンポーネント。 Winampによって再生される音楽に基づいて、プログラム可能な視覚アニメーションを作成するために使用されます。

AVSプラグイン効果ファイルを開くプログラム。
Windows
Nullsoft Winamp with the Advanced Visualization Studio plugin
ファイルタイプ2 Monkeyのオーディオロスレスオーディオファイル。
開発者: Monkey's Audio カテゴリー: Audio Files フォーマット: Binary

Monkeyのオーディオロスレス圧縮アルゴリズムを使用して圧縮されたオーディオファイル。エラー検出と、オーディオファイルに関する情報を保存するタグのサポートが含まれます。オーディオCDイメージを構成するために.CUEファイルで作成されることもあります。

注: Monkey's Audioエンコーダーは無料で利用でき、他のソフトウェアプログラムに組み込むことができます。したがって、APEファイルは、Monkey's Audio以外の他のプログラムで作成される場合があります。

Monkey's Audio Lossless Audio Fileを開くプログラム。
Windows
File Viewer Plus
Monkey's Audio
MPlayer
Foobar2000
NCH WavePad
Adobe Audition CC 2019
SoftRM Ape Ripper
DT Soft DAEMON Tools
Lightning UK! ImgBurn
JRiver Media Center
Nullsoft Winamp with Monkey's Audio Plugin
JMAC
AIMP
Mac
MPlayer
Adobe Audition CC 2019
ShedWorx Smart Converter
Max
Cog
JMAC
VideoLAN VLC media player
Linux
MPlayer
JMAC

さまざまなプラットフォームで.APEファイルを開く方法

Windowsで.APEファイルを開く

  • .APEを右クリックします
  • 左クリック [プログラムから開く]> [別のアプリを選択]
  • .APEファイルを開くプログラムを選択し、チェックボックスを選択します「常にこのアプリを使用して.APEファイルを開きます」 「OK」を押します

Macで.APEファイルを開く

  • .APEファイルを右クリック(またはCtrl +左クリック)します
  • 「プログラムから開く」>「その他..」をクリックします。
  • 次に、アプリリストから別のプログラムを選択し、 [開く]
  • を押します。
  • 「常にアプリで開く」のチェックボックス「オンにする」を選択します

Linuxで.APEファイルを開く

.APEファイルを右クリックし、 [プログラムから開く] を選択して、上のリストからプログラムを選択します

iPhoneで.APEファイルを開く

ファイルを選択します。 .APEファイルを開くためのアプリケーションが表示されない場合は、 [共有] をタップして、適切なアプリを選択してください。
方法2
ファイルを保存します。次に、アプリ«ファイル»を開きます。ファイルを長押ししてから、指を離します。黒いメニューバーが表示されます。その後、 [共有] をタップしてアプリケーションを選択します。

Androidで.APEファイルを開く

Androidスマートフォンの設定アイコンをタップしてから、«アプリケーション»を選択します。画面の右上隅にある設定アイコンをクリックして、デフォルトのアプリを変更します。
Androidで.APEファイルを開いたり、編集したり、保存したり、変換したりする場合は、GooglePlayで利用できる専用アプリの1つをダウンロードするのが最善の策です。

.APEファイルの問題を修正する方法

  1. .APEファイルを開くために通常使用するアプリケーションを更新する必要があります。ソフトウェアの最新バージョンのみが現在の.APEファイル形式をサポートしています
  2. .APEファイルでウイルスをチェックする必要があります。これを行うには、一般的なアンチウイルス(Norton、Nod32、Kaspersky、Dr.Webなど)でスキャンする必要があります