ファイル拡張子ライブラリ


.OSTファイル拡張子。

  • 開発者: Microsoft
  • カテゴリー: Misc Files
  • フォーマット: Binary

OSTファイルとは何ですか?

OSTはOutlookオフラインデータファイルです。

OSTファイルは、電子メールクライアントおよび個人情報マネージャーであるMicrosoft Outlook(2005以降)によって作成されたデータファイルです。 Office 365、Exchange、またはOutlook.comアカウントからメールボックス情報のコピーを保存するために使用されます。 OSTファイルには、電子メールメッセージ、連絡先、タスク、カレンダーデータ、およびその他のアカウント情報が含まれる場合があります。

OSTファイルはユーザーのローカルコンピューターに保存されます。これにより、ユーザーはインターネットにアクセスできない場合でも、メールやその他のメールボックス情報にアクセスできます。ユーザーは、オフラインで予定を検索して作成したり、連絡先を検索または追加したり、メールを読み書きしたりできます。ただし、インターネット接続が再確立されるまで、オフラインで行われた変更はサーバー上のユーザーアカウントと同期されません。

Outlookで[オフラインフォルダーを使用]オプションを選択すると、OSTファイルが作成されます。 。ファイルは次のディレクトリにあります。

\ Users \ user \ AppData \ Local \ Microsoft \ Outlook

次のことができますまた、ファイルとrarrを選択して、OSTファイルの場所に移動します。アカウント設定アカウント設定... をクリックし、データファイルタブを選択して、エントリをクリックしてから、 フォルダーの場所を開くを選択します。

注: OSTファイルは個人フォルダー(.PST)ファイルに似ていますが、オフラインデータの保存にのみ使用されます。

Outlookオフラインデータファイルを開くプログラム。
Windows
Microsoft Outlook 2016
Remo Convert OST to PST
OEMailRecovery.com Outlook Recovery Toolbox
4Team Corporation OST PST Viewer
Aryson OST Recovery

さまざまなプラットフォームで.OSTファイルを開く方法

Windowsで.OSTファイルを開く

  • .OSTを右クリックします
  • 左クリック [プログラムから開く]> [別のアプリを選択]
  • .OSTファイルを開くプログラムを選択し、チェックボックスを選択します「常にこのアプリを使用して.OSTファイルを開きます」 「OK」を押します

Macで.OSTファイルを開く

  • .OSTファイルを右クリック(またはCtrl +左クリック)します
  • 「プログラムから開く」>「その他..」をクリックします。
  • 次に、アプリリストから別のプログラムを選択し、 [開く]
  • を押します。
  • 「常にアプリで開く」のチェックボックス「オンにする」を選択します

Linuxで.OSTファイルを開く

.OSTファイルを右クリックし、 [プログラムから開く] を選択して、上のリストからプログラムを選択します

iPhoneで.OSTファイルを開く

ファイルを選択します。 .OSTファイルを開くためのアプリケーションが表示されない場合は、 [共有] をタップして、適切なアプリを選択してください。
方法2
ファイルを保存します。次に、アプリ«ファイル»を開きます。ファイルを長押ししてから、指を離します。黒いメニューバーが表示されます。その後、 [共有] をタップしてアプリケーションを選択します。

Androidで.OSTファイルを開く

Androidスマートフォンの設定アイコンをタップしてから、«アプリケーション»を選択します。画面の右上隅にある設定アイコンをクリックして、デフォルトのアプリを変更します。
Androidで.OSTファイルを開いたり、編集したり、保存したり、変換したりする場合は、GooglePlayで利用できる専用アプリの1つをダウンロードするのが最善の策です。

.OSTファイルの問題を修正する方法

  1. .OSTファイルを開くために通常使用するアプリケーションを更新する必要があります。ソフトウェアの最新バージョンのみが現在の.OSTファイル形式をサポートしています
  2. .OSTファイルでウイルスをチェックする必要があります。これを行うには、一般的なアンチウイルス(Norton、Nod32、Kaspersky、Dr.Webなど)でスキャンする必要があります