ファイル拡張子ライブラリ


.ACCOUNTPICTURE-MSファイル拡張子。

  • 開発者: Microsoft
  • カテゴリー: Raster Image Files
  • フォーマット: Binary

ACCOUNTPICTURE-MSファイルとは何ですか?

ACCOUNTPICTURE-MSはWindows 8アカウントの画像ファイルです。

Windows 8オペレーティングシステムで使用されるファイル。ユーザーのアカウント画像を保存します。これは、右上隅のWindows 8スタート画面に表示される画像です。多くの場合、コンピューターのウェブカメラで撮影された人物の写真が含まれています。

Windows 8では、スタート画面の右上隅にあるユーザー名をクリックして[プルダウンメニューから[アカウントの画像を変更]を選択します。表示されるパーソナライズウィンドウから、参照ボタンをクリックして画像ファイルを選択するか、カメラオプションを選択してウェブカメラで写真を撮ることができます。

ACCOUNTPICTURE-MSファイルは独自の形式で保存され、標準の画像ビューアーでは表示できません。これらは次のディレクトリにあります。

C:\ Users \ [user] \ AppData \ Roaming \ Microsoft \ Windows \ AccountPictures \

注: Windows 8ベータ期間中、Microsoftはアカウント画像に.USERTILE-MS拡張子を使用しました。これらのファイルは「ユーザータイル」と呼ばれていました。ただし、MicrosoftはWindows 8の最終リリースバージョンに「アカウントピクチャ」という用語を採用しました。

Windows 8アカウント画像ファイルを開くプログラム。
Windows
Microsoft Windows

さまざまなプラットフォームで.ACCOUNTPICTURE-MSファイルを開く方法

Windowsで.ACCOUNTPICTURE-MSファイルを開く

  • .ACCOUNTPICTURE-MSを右クリックします
  • 左クリック [プログラムから開く]> [別のアプリを選択]
  • .ACCOUNTPICTURE-MSファイルを開くプログラムを選択し、チェックボックスを選択します「常にこのアプリを使用して.ACCOUNTPICTURE-MSファイルを開きます」 「OK」を押します

Macで.ACCOUNTPICTURE-MSファイルを開く

  • .ACCOUNTPICTURE-MSファイルを右クリック(またはCtrl +左クリック)します
  • 「プログラムから開く」>「その他..」をクリックします。
  • 次に、アプリリストから別のプログラムを選択し、 [開く]
  • を押します。
  • 「常にアプリで開く」のチェックボックス「オンにする」を選択します

Linuxで.ACCOUNTPICTURE-MSファイルを開く

.ACCOUNTPICTURE-MSファイルを右クリックし、 [プログラムから開く] を選択して、上のリストからプログラムを選択します

iPhoneで.ACCOUNTPICTURE-MSファイルを開く

ファイルを選択します。 .ACCOUNTPICTURE-MSファイルを開くためのアプリケーションが表示されない場合は、 [共有] をタップして、適切なアプリを選択してください。
方法2
ファイルを保存します。次に、アプリ«ファイル»を開きます。ファイルを長押ししてから、指を離します。黒いメニューバーが表示されます。その後、 [共有] をタップしてアプリケーションを選択します。

Androidで.ACCOUNTPICTURE-MSファイルを開く

Androidスマートフォンの設定アイコンをタップしてから、«アプリケーション»を選択します。画面の右上隅にある設定アイコンをクリックして、デフォルトのアプリを変更します。
Androidで.ACCOUNTPICTURE-MSファイルを開いたり、編集したり、保存したり、変換したりする場合は、GooglePlayで利用できる専用アプリの1つをダウンロードするのが最善の策です。

.ACCOUNTPICTURE-MSファイルの問題を修正する方法

  1. .ACCOUNTPICTURE-MSファイルを開くために通常使用するアプリケーションを更新する必要があります。ソフトウェアの最新バージョンのみが現在の.ACCOUNTPICTURE-MSファイル形式をサポートしています
  2. .ACCOUNTPICTURE-MSファイルでウイルスをチェックする必要があります。これを行うには、一般的なアンチウイルス(Norton、Nod32、Kaspersky、Dr.Webなど)でスキャンする必要があります